資料、書籍>その他

紹介

2005年11月公開の映画「ALWAYS 3丁目の夕日」公式プログラム。
昭和33年の東京下町を舞台に笑いと涙で綴った物語。
キャッチコピーに「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。」…昭和を郷愁する素晴らしい映画です。



(映画セット、小物類は情景模型を作る上にも参考になります。)


(映画の中の実車、CGは素晴らしく、正に自分が昭和33年にタイムスリップした様になります。)

資料、書籍>その他


copylight(c) E.kobayashi 2003

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO