SKYLINE 2000RS ハードトップ(KDR30):1981

コメント

2001年3月の初めに「町工場」親方より「スカイラインを素組で作ってチョ」って軽く言われ「良いよ」って答えたのは良いのですが、納期は3週間。よく考えてみると今までそんなに早く作ったのは、子供時くらいですよ。今の自分にとって時間との戦いが一番の問題でした。だって、3月はバイトが超忙しい時期なんだもん。
ボディーカラーは、ガンメタ/黒のツートーンで、メタリック塗装は自信2度目、黒色は初めてだったのですがなんとかなるかなって感じで取りかかりました。タミヤだからボディーの修正はないと思っていましたが、Aピラーからルーフに掛けてメッキのサッシが入っている所が、一段低くなっています。ルーフとツライチにしないとカッチョ悪いし、トランクに変な出っ張りが有ったりで結構修正箇所がありました。それに、ワイパーがボンネットの中に隠れるタイプなのですが、最初からモールドされています。これじゃあカッチョ悪いのでエッチングに交換しようと思いましたが、ボンネットが邪魔で上手く取り付けできないだろうと、思い切ってボンネットを切り離し、ワイパーの取り付け台を別に作りました。これで上手くワイパーが収納出来ました。
ガンメタ塗装は雑誌を見ながら色合わせをしましたが、雑誌ごと、写真ごとに色が違うんです。結局自分の記憶にある色に近づけましたが、その間、3回も重ね塗りをしてしまいました。そのせいで、ガンメタの粒子がチョットざらついています。試し塗りを十分やっていなかったからでしょうね。(~_~;)
素組しかできないのですが、せめてドアの鍵穴くらいはと、虫ピンの頭を四角に削って取り付け、アンテナも虫ピンで作り替えました。雑誌の写真は窓越しにシートベルトが写っています。これはこのクルマの見せ所かなって思い、自作してみました。ドアの内張がボディー側に取り付けるタイプなので簡単に取り付ける事が出来ましたが、親方の”鉄仮面”は室内がバスタブタイプなのでそれは不可能だったそうです。(ドアを開閉式にするか、ウィンドーを開いた状態だったら出来る)それからもう一つの見せ所は、テールランプです。遠目に見ると真っ黒にみえるのですが、ランプがつくとスカイライン独特の丸いレンズが浮かび上がります。それを表現したかったので、レンズの内側にベアメタル(メタルック)を張り込み、クリアーレッドでレンズをぬり、表面からスモークを濃いめに吹きました。model carsには黒っぽく写っていますが、ストロボで撮影すると丸いところだけが赤くなります。
model carsには、さかつうの山崎さんの作品とのツーショットで載せてもらいました。エンジンの作り込みなどは流石でボクなんか足元にも及びませんが良い思い出になりました。ボクのクルマのガンメタの色が本では結構濃いめですが、実物はもう少し薄めです。その点、山崎さんの作品は、良い色ですよね。写真写りのことも考えた塗装なんでしょうか?
作品は、1981年10月に発売されたRSをイメージして作りました。車高が高いように思えますが実際もこんなモンだったのでしょうね。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO