SKYLINE 2000 GT-R HARD TOP

コメント

シルバー塗装の練習に作ったキットです。ハコスカはたくさんキット化されていますが、練習にはタミヤがいいと思い3台も買ってしまいました。もともと大好きなクルマですし、”GT−R選手権”にも載せられるので一石二鳥です。それに、ハコスカはシルバーが一番好きです。
GT−Rのシルバーは緑っぽいシルバーで、かなり緑を混ぜたつもりでしたがまだチョット白っぽいですね。シルバーは下地の凹凸や傷などがはっきり出てしまいますのでいつもよりしっかり”下地作り”をしたつもりですが、リアウィングの支柱の所やボディーの四隅などにわずかな”ヒケ”が有り、その修正を怠ったので完成後もヒケが目立ちます。(良く見ると)サフェーサーの状態ではほとんど目立たなかったのですが、シルバーを吹いたら目立ち始めました。それから、スジ彫りの時に失敗した傷を小さいからといってほっておいたら、やはりシルバー塗装後に見えてきます。相当神経を使う事がよく解りました。
シルバーメタリックの微妙な色を表現する場合、シルバーに色を混ぜるのも当然ですが、下地の色でわずかなトーンの違いを表現出来ます。まだ勉強中ですが、旧車、現代車、外車、国産などの微妙な表現が出来るようになりたいですね。ちなみにこのハコスカの下地は”ベースホワイト”のままです。黒にすると重みの増したシルバーでしょうし、青にするとスカッとしたシルバーになるのでしょう。
シルバーはグンゼ産業の#8のシルバーで、粒子が細かくいい感じです。その上には当然クリアーコーティングが必須ですから厚塗りにならないように気を付けて塗装をしました。

製作は、素組でワイパーのみエッチングに交換しています。エッチングワイパーを使用する場合は、元のワイパー取り付け穴は大きすぎるので、一度ふさいでから0,5mmの穴を開け直します。組み立ては簡単で仮組は必要ないくらいでした。
次に作るときは、ローダウン、アルミホイール付きで仕上げたいですね。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO